ハブユニット

ボール溝超仕上ユニット BSFJ-07 特許取得済 複列アンギュラ玉軸受けハブユニット外輪 軌道面超仕上ユニット
(可変揺動軸2溝連続同時加工可能)
標準加工範囲:最小軌道径φ66 x 最小内径φ58 mm x ワーク幅 20〜 60 mm 軌道面R 4 〜 10 mm
接触角 0° 〜 40°

加工物 複列アンギュラ玉軸受ハブユニット

『平行リンク機構による砥石揺動ボール溝加工』 : 特許取得済み

<特徴>

  • NC機などの汎用機に竪・横方向に取付けできるので、自由度の高い使用方法が可能です。
  • 平行リンク機構の採用により遠隔点に揺動中心を作り、そこから加工物揺動中心での円弧オシレーションが可能になりました。これにより、加工物揺動中心上に機械的な軸中心を必要とすることなく、慣性の大きなアームも不要となりました。
  • 剛性をもたせた平行リンク機構を採用し、円弧運動と800RPMの揺動の組合せで高精度・高能率が更に向上しました。揺動角、揺動角中心変換角度、及び揺動数の設定がタッチパネルにて簡単に行え、また、砥石加圧力は電空レギュレーター制御により、粗・仕上の多段加工の条件が設定できるので、一段と精度と効率が向上しました。
  • 特殊ベアリングの採用で長寿命化を図り、更に特殊ゴムシールで脱落砥粒による関節部ベアリングへのクーラント液侵入に対応しました。
  • 2溝連続同時加工により、従来加工より圧倒的な加工時間の短縮を達成しました。
  • 従来比20倍近い砥石寿命を達成したCBN、SH砥石 (ミズホ製) を採用することで、脱落砥粒が大幅に減少します。又、砥石加圧ストローク 17mm のオートスライド式ストンヘッドと上記砥石が相俟って、超時間の連続運転が可能となりました。

BSFJ-07型 玉軸受ハブユニット 軌道面超仕上ユニット
主仕様

1) 加工物

複列アンギュラ玉軸受ハブユニット外輪

(可変揺動軸2溝連続同時加工)

2) 加工範囲

最小軌道径

φ66 mm

最小内径

φ58 mm

軌道面R

4 ~ 10 mm

20 ~ 60 mm

接触角

0° ~ 40°

3) 揺動装置部

揺動数

Max. 800 fpm 粗・仕上自動多段切替

揺動角度

±10°(±15°、±20°任意設定可)

揺動角中心変換角度

+45°~ -45°

揺動駆動モータ

0.75kW AC サーボモータ

4) ストンヘッド部

オートスライド式ストンヘッド 空圧駆動

砥石加圧

電空レギュレータ制御 粗・仕上自動多段切替

砥石加圧ストローク

17 mm

砥石寸法

5 ~ 10.5

マタギ

3 ~ 6

5) 寸法

(W)440×(D)180×(H)240 mm

6) 本体重量

18 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

■ 加工事例

1) 複列アンギュラ玉軸受ハブユニット