Navigation > 製品ガイド > 研削・超仕上複合盤 > EGLシリーズ

EGLシリーズ

EGL-180B 特許取得済全自動 研削・超仕上盤 標準加工範囲:外径 φ6 (小端面) 〜 φ12 mm (大端面)、曲率 R54 〜 140 mm

加工物 円錐ころ

本機は円錐ころの大端面を高能率、高精度に研削・超仕上するために開発された門型構造の研削・超仕上盤です。これまで困難視されていた円錐ころの端面加工が本機の出現により、生産性及び精度を大幅に向上させました。

<特徴>

  • 機体の中央に治具を配置し、ローディング装置 (エア使用) からガイドプレートに加工物を順次送り込み、所定の位置にセットされた回転研削砥石とオートスライド超仕上砥石の上盤と下盤で加圧回転されて、加工物は球面に加工されます。
  • 原理的には上盤と下盤の逆回転により、加工物を自転させ、その回転差により公転させながら、必要な球面形状に、高速、高精度に研削・超仕上します。
  • 増減速は ACサーボモータにより最適な速度を任意に選定することができ、従来のギアによる増減速よりも機械の騒音が非常に少なく、その精度は高精度です。
  • ローディング・アンローディングが極めてスムースに行えるので、生産性がよく 上下盤の回転数を変えることにより生産量の調整 (加工物の大きさに従って) ができます。

EGL-180B型 全自動研削超仕上盤
機械主仕様
EGL-180B Model, Fully Automatic Grinding & Stone Lapping Machine
Machine Specifications

1) 加工物

Workpiece

テ―パーローラ大端面

Taper roller large end face

2) 加工範囲

Machining range

外径 

O.D

φ5 (小端面) (small end face) ~
φ12 mm (大端面) (large end face)

曲率

Curvature

R 54 ~ 140 mm

3) 加工方式

Machining type

全自動, スルーフィード加工

Fully automatic, Through-feed machining

4) 機械構成

Machine configuration

下主軸部

Lower spindle unit

ガイドプレートサポート部

AC 3KW “三菱” サーボ駆動 

Guide plate support,

AC 3KW “Mitsubishi” servo motor drive

    上主軸部

    Upper spindle unit

上ディスク加圧及びサポート部、有効ストローク 300mm,

AC 3KW “三菱” サーボモータ

Upper disc pressure and support, air cylinder built-in type, effective stroke 300mm,

AC 3KW “Mitsubishi” servo motor drive

ホイールヘッド部

Grinding head unit

カップ型砥石取付

AC 2KW “三菱” サーボ駆動 

Mounted with cup wheel, AC 2KW “Mitsubishi” servo motor

砥石切込スライドテーブル部

Grinding head feeding slide

table unit

AC 0.2 KW “三菱” 減速機 (i = 1/29)付サーボモータ ボールねじ駆動

AC 0.2KW “Mitsubishi” servo motor with decelerator (i = 1/29), ball screw drive

ストンヘッド部

(ツーリング/特殊部品)

Stone head unit

(Tooling/special accessories)

オートスライド型ストンヘッド

最大 5 頭, プッシュプレート1セット含む

有効加圧面積:3.14cm2、加圧ストローク 50mm

Auto-slide type stone head

Max. 5 sets of stone holder ass’y including 1 set of pinch plate.

Effective pressure area: 3.14cm2, Pressure stroke: 50mm

集中潤滑ポンプユニット

Centralized lubrication unit

ウィリーホーゲル

Willy Vogel

全体カバー

Overall machine cover

 ミストコレクタ用ダクト穴φ100mm付

With φ100 mm duct hole for oil mist collector

電気制御部

Electrical control unit

制御盤:機械右側固定
操作盤:タッチパネル “三菱”

Control box fixed at the right side of the machine, operation panel with touch panel (“Mitsubishi” make)

サーボ制御プレッシャー

バルブ付空気制御ユニット

(電空レギュレータ)

Air control unit with servo controlled pressure valve
(electropneumatic regulator)

砥石加圧及び上主軸加圧はプレッシャーバルブにて制御

Stone pressure and upper spindle pressure are controlled by pressure valve

砥石摩耗検知及び表示

Detection of stone wear and

its display

インシュート

In chute

ワーク検知近接スウィッチ無

With no work detection proximity switch

ドレスツール

Dress tool

ダイヤモンドツール (1/6 CT, 120度) 3個

Diamond tool (1/6 CT, 120 degrees) 3 pcs

5) 電源

  Power source

3φ 3W AC 200V 60Hz 10KVA

操作系: AC100V DC24V

6) 機械寸法

Machine size

(W)1,850×(D)1,800×(H)2,500 mm

7) 機械重量

Machine weight

3,500 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。
Note : Specifications are subject to change without notice.

■ 加工事例

1) 円錐ころ


EGL-270Z 特許取得済全自動 研削・超仕上盤 標準加工範囲:外径 φ6 (小端面) 〜 φ25 mm (大端面)、曲率 R140 〜 270 mm

加工物 円錐ころ

本機は円錐ころの大端面を高能率、高精度に研削・超仕上するために開発された門型構造の研削・超仕上盤です。これまで困難視されていた円錐ころの端面加工が本機の出現により、生産性及び精度を大幅に向上させました。

<特徴>

  • 機体の中央に治具を配置し、ローディング装置 (エア使用) からガイドプレートに加工物を順次送り込み、所定の位置にセットされた回転研削砥石とオートスライド超仕上砥石の上盤と下盤で加圧回転されて、加工物は球面に加工されます。
  • 原理的には上盤と下盤の逆回転により、加工物を自転させ、その回転差により公転させながら、必要な球面形状に、高速、高精度に研削・超仕上します。
  • 増減速は ACサーボモータにより最適な速度を任意に選定することができ、従来のギアによる増減速よりも機械の騒音が非常に少なく、その精度は高精度です。
  • ローディング・アンローディングが極めてスムースに行えるので、生産性がよく 上下盤の回転数を変えることにより生産量の調整 (加工物の大きさに従って) ができます。

EGL-270Z型 全自動研削超仕上盤
機械主仕様
EGL-270Z Model, Fully Automatic Grinding & Stone Lapping Machine
Machine Specifications

1) 加工物

Workpiece

テ―パーローラ大端面

Taper roller large end face

2) 加工範囲

Machining range

外径 

O.D

φ6 (小端面) (small end face) ~
φ25 mm (大端面) (large end face)

曲率

Curvature

R140 ~ 270 mm

3) 加工方式

Machining type

全自動, スルーフィード加工

Fully automatic, Through-feed machining

4) 機械構成

Machine configuration

下主軸部

Lower spindle unit

下ディスク及びガイドプレートサポート部

AC 6KW “三菱” サーボ駆動 (50~333 r/min.)

Lower disc and guide plate support,

AC 6KW “Mitsubishi” servo motor drive (50~333 r/min.)

上主軸部

    Upper spindle unit

上ディスク加圧及びサポート部、エアシリンダ内蔵型

有効ストローク 250mm, AC 6KW “三菱” サーボ駆動 (50~333 r/min.)

Upper disc pressure and support, air cylinder built-in type, effective stroke 250mm, AC 6KW “Mitsubishi” servo motor drive (50~333 r/min.)

上主軸旋回ユニット

Upper spindle swing unit

位置検出、手動型

Positioning device, manual type

ホイールヘッド部

Grinding head unit

カップ型砥石取付

AC 5KW “三菱” サーボ駆動 (Max.3000 r/min.)

Mounted with cup wheel, AC 5KW “Mitsubishi” servo motor (Max. 3,000 r/min.)

砥石切込スライドテーブル部

Grinding head feeding slide

table unit

AC 0.2 KW “三菱” 減速機付サーボモータ ボールねじ駆動、有効ストローク185mm

AC 0.2KW “Mitsubishi” servo motor with decelerator, ball screw drive,

effective stroke 185 mm

ストンヘッド部

(ツーリング/特殊部品)

Stone head unit

(Tooling/special accessories)

オートスライド型ストンヘッド

最大 5 頭, プッシュプレート1セット含む

注.) 標準部品には含まれません

Auto-slide type stone head

Max. 5 sets of stone holder ass’y including 1 set of pinch plate.

Note : Not included as standard accessories

集中潤滑ポンプユニット

Centralized lubrication unit

ウィリーホーゲル

Willy Vogel

全体カバー

Overall machine cover

 ミストコレクタ用ダクト穴φ100mm付

With φ100 mm duct hole for oil mist collector

電気制御部

Electrical control unit

制御盤:機械右側固定
操作盤:タッチパネル “三菱”

Control box fixed at the right side of the machine, operation panel with touch panel (“Mitsubishi” make)

サーボ制御プレッシャー

バルブ付空気制御ユニット

(電空レギュレータ)

Air control unit with servo controlled pressure valve
(electropneumatic regulator)

砥石加圧及び上主軸加圧はプレッシャーバルブにて制御

Stone pressure and upper spindle pressure are controlled by pressure valve

砥石摩耗検知及び表示

Detection of stone wear and

its display

インシュート

In chute

ワーク検知近接スウィッチ無

With no work detection proximity switch

5) 機械寸法

Machine size

2,134×2,330×(H)2,648 mm

6) 機械重量

Machine weight

4,200 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。
Note : Specifications are subject to change without notice.

■ 加工事例

1) 円錐ころ