Navigation > 製品ガイド > 超仕上ユニット

超仕上ユニット

ボール溝超仕上ユニット BSFJ-07 特許取得済 複列アンギュラ玉軸受けハブユニット外輪 軌道面超仕上ユニット
(可変揺動軸2溝連続同時加工可能)
標準加工範囲:最小軌道径φ66 x 最小内径φ58 mm x ワーク幅 20〜 60 mm 軌道面R 4 〜 10 mm
接触角 0° 〜 40°

加工物 複列アンギュラ玉軸受ハブユニット

『平行リンク機構による砥石揺動ボール溝加工』 : 特許取得済み

<特徴>

  • NC機などの汎用機に竪・横方向に取付けできるので、自由度の高い使用方法が可能です。
  • 平行リンク機構の採用により遠隔点に揺動中心を作り、そこから加工物揺動中心での円弧オシレーションが可能になりました。これにより、加工物揺動中心上に機械的な軸中心を必要とすることなく、慣性の大きなアームも不要となりました。
  • 剛性をもたせた平行リンク機構を採用し、円弧運動と800RPMの揺動の組合せで高精度・高能率が更に向上しました。揺動角、揺動角中心変換角度、及び揺動数の設定がタッチパネルにて簡単に行え、また、砥石加圧力は電空レギュレーター制御により、粗・仕上の多段加工の条件が設定できるので、一段と精度と効率が向上しました。
  • 特殊ベアリングの採用で長寿命化を図り、更に特殊ゴムシールで脱落砥粒による関節部ベアリングへのクーラント液侵入に対応しました。
  • 2溝連続同時加工により、従来加工より圧倒的な加工時間の短縮を達成しました。
  • 従来比20倍近い砥石寿命を達成したCBN、SH砥石 (ミズホ製) を採用することで、脱落砥粒が大幅に減少します。又、砥石加圧ストローク 17mm のオートスライド式ストンヘッドと上記砥石が相俟って、超時間の連続運転が可能となりました。

BSFJ-07型 玉軸受ハブユニット 軌道面超仕上ユニット
主仕様

1) 加工物

複列アンギュラ玉軸受ハブユニット外輪

(可変揺動軸2溝連続同時加工)

2) 加工範囲

最小軌道径

φ66 mm

最小内径

φ58 mm

軌道面R

4 ~ 10 mm

20 ~ 60 mm

接触角

0° ~ 40°

3) 揺動装置部

揺動数

Max. 800 fpm 粗・仕上自動多段切替

揺動角度

±10°(±15°、±20°任意設定可)

揺動角中心変換角度

+45°~ -45°

揺動駆動モータ

0.75kW AC サーボモータ

4) ストンヘッド部

オートスライド式ストンヘッド 空圧駆動

砥石加圧

電空レギュレータ制御 粗・仕上自動多段切替

砥石加圧ストローク

17 mm

砥石寸法

5 ~ 10.5

マタギ

3 ~ 6

5) 寸法

(W)440×(D)180×(H)240 mm

6) 本体重量

18 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

■ 加工事例

1) 複列アンギュラ玉軸受ハブユニット


リニアレール軌道面ボール溝 超仕上ユニット BSFJ-15 特許取得済リニアレール軌道面ボール溝 超仕上加工
(可変揺動軸ボール溝2溝同時加工可能)
標準加工範囲:
高さ:13 〜 60 mm
幅:15 〜 65 mm
軌道面R 1 〜 6 mm
接触角 ± 45°

加工物 リニアレール

<特徴>

  • 研削盤などの汎用機に簡単に取付可能で、安定した高精度加工を可能にしました。
  • 平行リンク機構の採用により遠隔点に揺動中心を作り、そこから加工物揺動中心での円弧オシレーションが可能になりました。これにより、加工物揺動中心上に機械的な軸中心を必要とするすることなく、慣性の大きなアームも不要となり、機械全体の構成及びワークハンドリングの自由度が広がりました。
  • 剛性をもたせた平行リンク機構により、超仕上加工で最も重要なオシレーションの正確な円弧運動と600FPMの揺動を両立させることにより、高精度・高能率を実現しました。
  • 揺動軸はACサーボモータによる直接駆動方式。揺動角、揺動角中心変換角度、及び振動数の設定がタッチパネルにて簡単に行え、また、砥石加圧力は電空レギュレータ制御により、粗・仕上の多段加工の条件が設定できるので、一段と精度と効率が向上しました。
  • ストンヘッドを簡単な着脱構造とし、砥石交換、団取替の効率化を図っています。
  • ストンヘッド部はオートスライド式とし、40 mmの砥石加圧ストロークを実現。
    長時間の連続運転が可能です。

BSFJ-15型 リニアレール 軌道面超仕上ユニット
主仕様

1) 加工物

リニアレール

可変揺動軸ボール溝2溝同時加工可能

2) 加工範囲

高さ

13 ~ 60 mm

15 ~ 65 mm

軌道面R

1 ~ 6 mm

接触角

±45°

3) 揺動装置部

揺動数

Max. 600 fpm 粗・仕上自動多段切替

揺動角度

±10°(±15°、±20°任意設定可)

揺動角中心変換角度

+45°~ -50°

揺動駆動モータ

1.5kW AC サーボモータ

4) ストンヘッド部

オートスライド式ストンヘッド 空圧駆動

砥石加圧

電空レギュレータ制御 粗・仕上自動多段切替

砥石加圧ストローク

40 mm

砥石寸法

3 ~ 6

マタギ

10 ~ 25

5) 寸法

(W)370×(D)337×(H)325 mm

6) 本体重量

65 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

ボール溝超仕上ユニット BSFJ-101 特許取得済 大型[複列・単列] アンギュラ玉軸受 及び深溝玉軸受用 竪型超仕上ユニット装置
(可変揺動軸2溝連続同時加工可能)
標準加工範囲:
外輪外径φ1,000 〜 φ5,000 mm
工作物端面より加工物中心までの最大距離 A タイプ 〜 185 mm, B タイプ 〜 250 mm
軌道面R 単一R 5 〜 40 mm、ゴシックR 5 〜 35 mm
接触角 0° 〜 40°

加工物 大型複列アンギュラ玉軸受

『平行リンク機構による砥石揺動ボール溝加工』 : 特許取得済み

<特徴>

  • ゴシックアーク溝を加工する際、円弧の中心オフセット量分だけ砥石揺動中心を移動する必要があります。この超仕上ユニットは油圧にてそのオフセット量分だけ上下方向にユニット全体が移動し、また、ダイヤルゲージとノブでその移動量を正確に調整できます。
  • 竪型旋盤などの汎用機に容易に取付可能です。
  • 旋削加工面または粗研削面からダイレクトホーニング (ストンラッピング) 仕上を能率的に行えるよう、砥石を粗、中、仕上工程間でレバーを引くだけで容易に交換できるワンタッチ砥石交換方式を採用し、形状及び表面粗度を短時間で高精度に仕上げることができます。
  • 平行リンク機構の採用により遠隔点に揺動中心を作り、そこから加工物揺動中心での円弧オシレーションが可能になりました。これにより、加工物揺動中心上に機械的な軸中心を必要とするすることなく、慣性の大きなアームも不要となりました。
  • 研削から直接超仕上の粗工程を行い、その工程時の高負荷に耐えうる高剛性をもった特殊構造をしています。
  • シールド型特殊ベアリングの採用で脱落砥粒による関節部ベアリングへのクーラント液侵入に対応し、長寿命化を図りました。
  • 2溝連続同時加工により、従来加工より圧倒的な加工時間の短縮を達成しました。
  • 剛性をもたせた平行リンク機構を採用し、円弧運動と500FPMの揺動の組合せで高精度・高能率が更に向上しました。揺動角、揺動角中心変換角度、及び揺動数の設定がタッチパネルにて簡単に行え、また、砥石加圧力は電空レギュレーター制御により、粗・仕上の多段加工の条件が設定できるので、一段と精度と効率が向上しました。

BSFJ-101型 大型玉軸受用 竪型超仕上ユニット装置
主仕様

1) 加工物

大型 [複列・単列] アンギュラ玉軸受、及び 深溝玉軸受

可変揺動軸ボール溝2溝同時加工可能

2) 加工範囲

外輪外径

φ1,000 ~ 5,000 mm

工作物端面より加工中心まで

の最大距離

A Type : ~ 185 mm

B Type : ~ 250 mm

軌道面R

単一R : 5 ~ 40 mm Single R

ゴシックR : 5 ~ 35 mm Gothic R

接触角

0°~ 40°

3) 揺動装置部

揺動数

Max. 500 fpm 粗・仕上自動多段切替

揺動角度

0 ~ 40°(±20°任意設定可)

揺動角中心変換角度

-50°~ +50°

揺動駆動モータ

3.0kW AC200V サーボモータ

4) ストンヘッド部

オートスライド式ストンヘッド 空圧駆動

砥石加圧

電空レギュレータ制御 粗・中・仕上自動多段切替

砥石加圧ストローク

50 mm

砥石寸法

5 ~ 40

マタギ

5 ~ 20

5) 寸法

(W)289×(D)453×(H)985 mm

6) 本体重量

235 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

ASL-400E 大径加工物 外径・内径部加工用 超仕上ユニット

大径加工物の外径・内径部加工用に開発された超仕上ユニットです。

  • AEROLIDE® 機構は、ユニットのエアベアリングの負荷容量を増強することにより、精度低下及びメンテナンストラブルがなく、静粛な運動とともに、一段の精度向上を可能にしました。(5年保証)
    オシレーション機構は、偏芯カム方式により砥石を往復運動させ、安定した振幅を可能にしました。
  • 慣性バランス構造の採用により、二次振動は完全に除去され、超仕上加工で最も重要なオシレーションの直線度と高振動を両立させることにより、高硬度、超微粒子の砥石が使用可能になり、砥石寿命が向上し、加工時間の短縮とともに、加工費の大幅低減を可能にしました。
  • ストンヘッド (特別付属品) の加圧方式を電空レギュレーターで制御するため1サイクル中に粗・仕上 多段加工の条件を設定できます。

ASL-400E型 大径加工物 外径・内径部加工用超仕上ユニット
主仕様

ASL-400LZ Model, Stone Lapping Unit for O.D. & I.D. of Large End
Main Specifications

1) 加工物

Workpiece

 

2) オシレーション装置部

Oscillation unit

 

振動数

Frequency

300 ~ 2000fpm 粗・仕上自動多段切替

Rough/finish multi-step change-over

振幅

Amplitude

1.0 ~ 2.0 mm 振幅はオシレーションリング交換による

Amplitude is changeable by oscillating cam

モータ

Motor

1.5kW 4P V-3 インバータ制御

Inverter control

3) ストンヘッド部 
(特別附属)

Stone head (special accessories)

 

砥石加圧ストローク

Stone pressure stroke

20mm 空圧駆動

Pneumatic drive

砥石加圧方式

Stone pressure method

電空レギュレータ制御 粗・自動多段切替

Electropneumatic regulator, Rough/finish multi-step change-over

4) 寸法

Size

(W)962×(D)375×(H)353 mm

5) 本体重量

Unit weight

200 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

SHF-25CR平面 (球面) 超仕上ユニット

端面及び球面加工用超仕上ユニットです。

<特徴>

  • NC旋盤などの汎用機に簡単に取付けでき、安定した高精度仕上を可能にしました。
  • 旋盤に取付けた場合、主に焼入れ材の加工物を、ワンチャックで旋削及び超仕上を行うことができ、従来の旋削後リチャックしての研削、又、研削後超仕上という2工程の加工法に比べて、高精度化と大幅なコストダウンが可能です。
  • 高精度の要求を満足させるべく、粗・仕上加工の自動化を図りました。粗加工、仕上加工はそれぞれの加工条件を最適条件で任意に設定出来ます。砥石加圧力は電空レギュレータ制御により、粗・仕上の多段加工の条件が設定できるので、一段と精度と効率が向上しました。起動ボタンまたは電気信号によって1サイクル自動加工が簡単にでき、ローディング・アンローディング装置を装着して全自動サイクルとして使用することが可能です。
  • 切削条件を粗・仕上の多段加工に切り替えることにより、粗加工は周速を小さくして、砥石圧を上げて、砥石の切れる条件を集中して加工物の表面を効率よく削り取って行き、仕上加工は周速を大きくして、砥石圧を下げて、砥石の切れない条件に集中して良好な仕上面が得られます。
  • ストンヘッド部のスイベル機構装置 (特別付属品)の調整によって、計算された値だけスイベルさせることで正しい球面形状精度が可能です。

SHF-25CR型 平面(球面)加工用 超仕上ユニット
主仕様

1) 加工物

端面 及び 球面加工

2) 砥石回転数

500 ~ 3,600 rpm

3) 有効加圧断面

4.9㎠

4) 加圧ストローク

25 mm

5) エンゲージストローク

35 mm

6) 砥石径

φ5 ~ φ50 mm

7) フィード軸チャック方式

コレットチャック式

8) 寸法

(W)552.5×(D)266×(H)290 mm

9) 本体重量

43.0 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

超大型軸受用超仕上ユニット ASL-400LZ 特許取得済 超大型円筒・円錐ころ軸受内・外輪、鍔面、スラスト軸受超仕上加工用 標準加工範囲:
外径:内輪 〜 φ3,600 外輪 〜 φ4,000 mm
レース面長さ: 内輪 〜 200 外輪 〜 200 mm
レース角度:内輪 0° 〜 90° 外輪 0° 〜 90°

加工物 円錐ころ軸受 内・外輪及び鍔面

 


ASL-400LZ型 超大型円錐・円筒ころ軸受超仕上ユニット
主仕様

1) 加工物

超大型 (内・外輪) 円錐ころ軸受、円筒ころ軸受 及び 円筒スラスト軸受

2) 超仕上ユニット装置部

ASL-400LZ型 エアベリング φ70mm ×7ヶ所

オシレーション軸ユニット

 

モータ

3φ 200V 1.5kW 2000rpm AC サーボモータ

Z軸スライドユニット

 

トラバーススライド部

クロスローラガイド方式 上下極限SW 及び 原点SW付

カウンタバランス用油圧シリンダ付 配線・配管用ケーブルベア付

モータ

3φ 200V 1kW 2000rpm AC サーボモータ (ブレーキ付)

θ軸角度調整ユニット

 

角度調整量

Max. 100°

角度調整ギアBOX

1/240

配管パネル

レース面 及び リブ面、ストンヘッド加圧制御用電空レギュレータ 及び

パワーバルブ制御用電磁弁付 ストンヘッド砥石摩耗検出圧力センサ付

3) レース面加工用ストンヘッド

 

加圧方式

空圧式 S=20.6㎠ 粗・仕上自動多段切替

加圧ストローク

30 mm

4) リブ面加工用ストンヘッド

 

加圧方式

空圧式 S=31.1㎠ 粗・仕上自動多段切替

加圧ストローク

50 mm

5) オシレーションリング

0.5、1.0、1.5、2.0、2.5、3.0mm (何れか1個)

6) 寸法

(W)958×(D)1,400×(H)457 mm

7) 本体重量

655 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

SH-20RH-SR 平面 (球面) 超仕上ユニット

端面及び球面加工用超仕上ユニットです。

<特徴>

  • NC旋盤などの汎用機に簡単に取付けでき、安定した高精度仕上を可能にしました。
  • 旋盤に取付けた場合、主に焼入れ材の加工物を、ワンチャックで旋削及び超仕上を行うことができ、従来の旋削後リチャックしての研削、又、研削後超仕上という2工程の加工法に比べて、高精度化と大幅なコストダウンが可能です。
  • 高精度の要求を満足させるべく、粗・仕上加工の自動化を図りました。粗加工、仕上加工はそれぞれの加工条件を最適条件で任意に設定出来ます。砥石加圧力は電空レギュレータ制御により、粗・仕上の多段加工の条件が設定できるので、一段と精度と効率が向上しました。起動ボタンまたは電気信号によって1サイクル自動加工が簡単にでき、ローディング・アンローディング装置を装着して全自動サイクルとして使用することが可能です。
  • 速度制御型ストンヘッド装置の採用により、急速前進・後退、エアーカット、粗加工・仕上加工等の速度・位置設定が任意に行えます。
  • 砥石加圧スライドガイド部に独自のエアベアリング機構を採用し、スライド摩擦抵抗が皆無で極低圧の切り込みを可能にしました。
  • 切削条件を粗・仕上の多段加工に切り替えることにより、粗加工は周速を小さくして、砥石圧を上げて、砥石の切れる条件を集中して加工物の表面を効率よく削り取って行き、仕上加工は周速を大きくして、砥石圧を下げて、砥石の切れない条件に集中して良好な仕上面が得られます。
  • ストンヘッド部のスイベル機構の調整によって、計算された値だけスイベルさせることで正しい球面形状精度が可能です。

SH-20RH-SR型 端面 及び 球面加工用超仕上ユニット
主仕様

1) 加工物

端面 及び 球面

2) 砥石加圧装置部

砥石軸回転数

Max. 7500 rpm (定格)  粗・仕上自動2段切替

砥石外径

φ 2.4 ~ φ 10 mm

砥石加圧ストローク

20 mm

砥石加圧案内部支持方式

空圧式静圧軸受 軸受内径φ 30 mm ※4個

砥石加圧方式

空圧駆動 粗・仕上自動2段切替

砥石加圧受圧面積

1.2 ㎠

砥石軸駆動モータ

0.4kW ACサーボモータ

スイベル角度

0°~ 20° (反時計廻り)

3) アプローチスライド装置部

移動量

10 mm

送り速度

0 ~ 100 mm/sec.

最小送り量

0.001 mm

アプローチ駆動モータ

0.1kW ACサーボモータ

4) 寸法

(W)300×(D)400×(H)175 mm

5) 本体重量

40 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。
Note : Specifications are subject to change without notice.

鍔面加工用超仕上ユニット

円錐・円筒ころ軸受内輪鍔面を加工する超仕上ユニットです。

<特徴>

  • 従来の弊社鍔面加工用超仕上ユニットを小型化し、オシレーションの振動方向を水平面内で行うため、より静粛な運動が実現し、精度が向上しました。
  • オシレーション機構は、偏心カム方式により砥石を往復運動させ、安定した振幅が得られます。
  • 慣性バランス構造の採用により、二次振動は完全に除去され、超仕上加工で最も重要なオシレーションの直線度と高振動を両立させることにより、高硬度、超微粒子の砥石が使用可能になり、砥石寿命が向上し、加工時間の短縮とともに、加工費の大幅低減を可能にしました。
  • ストンヘッド (特別付属品) の加圧方式を電空レギュレーターで制御するため1サイクル中に粗・仕上 多段加工の条件を設定できます。

鍔面加工用超仕上ユニット
主仕様

1) 加工物

円錐・円筒ころ軸受内輪鍔面

2) オシレーション装置部

振動数

300 ~ 2500 fpm  粗・仕上自動多段切替

振幅

0.5 ~ 1.0 mm  振幅はオシレーションリング交換による

オシレーション駆動モータ

0.4kW ACサーボモータ

3) ツールイン・アウトスライド
装置部

スライド移動量

90 mm

トラバース駆動モータ

0.4kW ACサーボモータ

4) ストンヘッド部 (特別附属)

砥石加圧ストローク

50 mm、スラント型オートスライド式ストンヘッド:空圧駆動

砥石加圧方式

電空レギュレータ制御 粗・仕上自動多段切替

5) 寸法

(W)516×(D)300×(H)392 mm

6) 本体重量

100 Kg

注) 仕様は予告なく変更することがあります。
Note : Specifications are subject to change without notice.

内外径加工用 エロライドジュニア 超仕上ユニット

加工物の内径・外径の超仕上加工に適したユニットです。

<特徴>

  • NC機などの汎用機に竪・横方向に取付けできるので、多様な用途で使用可能です。
  • AEROLIDE® 機構は、高剛性のユニットと高い負荷容量をもつエアベアリングとの組合せと、相殺バランスメカにより高いバランス性があります。超仕上機の宿命的欠陥とされて来たスライド面の摩耗による精度低下及びメンテナンストラブルがなく、静粛な直線運動により、加工精度の向上を達成しています。
    (5年保証)
  • AEROLIDE® (空気ベアリングシステム) により他社製品にはない正確で安定した振幅 0.3 mm、4,000 fpm でのオシレーションを実用化しています。
  • オシレーション機構は偏芯カム方式により、砥石を往復運動させ、安定した振幅を可能にしました。相反往復運動による慣性バランス構造の採用により、二次振動は完全に除去されています。
  • 砥石圧力の設定を電空レギュレーター仕様にすることで、粗・中・仕上加工の自動多段加工を可能にしました。振動数、砥石圧力、加工時間はそれぞれ多段に切り替えるられ、粗・中・仕上の加工条件を最適条件で任意に設定できます。
    多段加工の利点は、粗加工では低速度、高圧力で加工を行い、砥石の切れる条件を集中して加工物の表面を効率よく削り取り、仕上加工では高速、低圧力で砥石の切れない条件を集中して良好な仕上面を得ることにあります。
  • 超仕上加工でもっとも重要なオシレーションの直線度と、4,000FPMの高振動を両立させることにより、高硬度、超微粒子の砥石が使用可能になり、表面粗さの向上が容易になりました。また、砥石寿命が向上し、加工時間の短縮とともに、加工費の大幅低減を可能にしています。

エロライド ジュニア 内外径加工用 超仕上ユニット
主仕様

AEROLIDE JUNIOR, Stone Lapping Unit for Machining O.D. & I.D.
Main Specifications

1) 加工物

Workpiece

内径部、外径部加工

Machining O.D. & I.D.

2) 振動数

Frequency

300 ~ 4,000 fpm インバータ仕様

Inverter control

3) 振幅

Amplitude

0.3, 0.5, 1.0, 1.5, 2.0, 2.5 mm (偏心リング交換式)

Replaceable (Replacement of eccentric ring)

4) エアベリング軸径

Diameter of air bearing axis

φ45 mm ×3個 (pcs)、φ40 mm ×3個 (pcs)

5) 空気消費量

Air consumption

400 Nℓ/min.

6) モータ

Motor

AC200V 0.4kW 4P V3 特殊タイプ

Special type

7) 砥石加圧

Stone pressure

電空レギュレータ制御仕様 
(操作盤、シーケンサ、タッチパネルを含む)

Electropneumatic regulator control 
(incl. operation panel, PLC, & touch panel system)

8) 寸法

Size

(W)484×(D)289×(H)383 mm

(粗・中・仕上多段加工機 For multi-step rough/intermediate/finish machining: (W)484×(D)289×(H)423 mm)

9) 本体重量

Unit weight

70 kg (粗・中・仕上多段加工機  For multi-step rough/intermediate/finish machinin:75 kg )

注) 仕様は予告なく変更することがあります。        
Note : Specifications are subject to change without notice.

■ 加工事例

1) カムシャフト

2) 円錐ころ軸受

3) シンクロコーン