西部自動機器とは

Management Philosophy/ Quality Policy

ISO 9001, ISO 14001

品質マネジメントシステム規格
(2000年8月認証取得)

<経営理念>

経営の基本を、性能・価格・納期・サービスの4本柱とし、効率的かつタイムリーな 実践を信条として社員一丸となって行動する。

<品質方針>

  1. お客様に喜ばれ、信頼される製品を提供する。
  2. 最高水準の価値ある技術を開発し、社会に貢献できる企業たる事を目標とする。

Environmental Policy

ISO 9001, ISO 14001

環境マネジメントシステム規格
(2005年2月認証取得)

最高水準の価値ある技術を開発し、お客様に信頼されると共に、地球環境にやさしい製品を目指し、社会に貢献できるよう活動する。

  • 1)すべての業務において、省資源、リサイクル、廃棄物削減、省エネルギーを推進する。
  • 2)環境にやさしい省エネ型製品の提供に努める。
  • 3)被加工物の高精度化を目指し、地球環境に貢献する。
  • 4)環境目的及び目標を設定し、その達成に努め、継続的改善に努める。
  • 5)関連する環境の法規制及び当社が同意するその他の要求事項を守り、汚染の予防に努める。
  • 6)この方針は、全従業員に周知させ、社外へも公開する。

More Value More Speed More Competitive

加工技術センターでは、超精密部品加工機の研究開発とあらゆる形状精度のテスト加工に対応すべくSEIBU AEROLIDE(R)超仕上機20余台を稼動しています。

お客様の提示課題に対し速やかに満足頂けるよう、最適砥石の選定から加工方法等一式の提案と最適機種によるテスト加工を実施致します。

Research & Development

50年にわたる豊富な加工実績とノウハウが蓄積されたデータベースを活かし、先進的な設計環境で開発を行っています。
精度や形状に対する要求はもちろん、スピード、コストパフォーマンス、さらには環境対策を含め、ニーズに応えうる独自の技術開発を推進しています。

Quality Control

加工技術センターでは、あらゆる形状、精度に対応したテスト加工機と高精度測定器を完備。テストカットにお立会い頂き、Before to Afterを実測し、超精密度と高能率を実証できる仕組みを確立しました。
2000年に認証取得した、品質保証の国際規格「ISO9001」の定着を図るとともに、今後も徹底した品質管理のもとに製品を供給して参ります。

Service

データベースを基にさまざまな加工ノウハウを提供しているほか、長期にわたる精度保証、メンテナンス体制を充実させ付加価値の高いサービスを提供しています。
海外のお客様からも幅広く信頼を寄せられており、今後も更なる顧客満足の向上に努めて参ります。